検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


木曽漆器   宮原 良也


認定部門: 塗り部門

従事年: 昭和29年より現在の仕事に従事

認定年度: 昭和56年度

得意な技法: 姫子塗、乾漆(石目)の変り塗り、各種呂色塗り

主な製品: 座卓、飾棚、衝立、盆、花台 等

受賞歴:
全国漆器展に於いて 通商産業省軽工業局長賞、日本放送協会長賞受賞、日本経済新聞社賞受賞
信州木工展に於いて 知事賞受賞

ひとこと:
先人から受け継いだ伝統の技術を大切に環境の変化とニーズをとらえた製品作りに励む
座右の銘  謙虚=平常心
昭和58年1級技能士1号に認定、平成16年叙勲「瑞宝単光章」受章
平成15、16年度 木曽漆器伝統工芸士会会長


 木曽漆器について




※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。