検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


京石工芸品   西田 顯次


認定部門: 総合部門

従事年: 昭和35年より現在の仕事に従事

認定年度: 昭和57年度

得意な技法: 彫刻物を得意としているが、近年は宇治石を使用した大皿や鉢、小さな香合迄、美術工芸品での薄造りや透かし技法等々。

主な製品: 各社寺仏閣への仏像、狛犬、狐、牛像等を納め、太陽が丘には京都国体時のモニュメント「未来くん」を制作。

受賞歴:
石祭り技術コンクールでの、知事賞、技術賞の受賞等々。

ひとこと:
もちろん庭物の灯籠や鉢もするが、今後は美術工芸品での数々の技術を極めて行こうと思っている。


 京石工芸品について




※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。