検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


高山茶筌   谷村 丹後  《 雅号: 谷村 丹後 》


認定部門: 総合部門

従事年: 昭和29年より現在の仕事に従事

認定年度: 昭和55年度

得意な技法: 逆竹、味削り

受賞歴:
15回全国伝統的工芸品展 奨励賞

ひとこと:
材料の竹は、その特性として弾力性、割裂性、空洞性があるが、作業の上でその特性をうまく生かす。技術を習得する事が必要である。
又仕事をはなれての、竹が日本人の生活にどんなに重要なものであったか、竹文化が日本人の生活文化であったとも云える事を、感じている。


 高山茶筌について




※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。