検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


甲州水晶貴石細工   雨宮 誠一  《 雅号: 成壱 》


認定部門: 総合部門

従事年: 昭和35年より現在の仕事に従事

認定年度: 平成6年度

得意な技法: 人物の立体彫刻を得意とし深肉彫り、すかし彫り

主な製品: 恵比寿大黒天・不動明王・七福神

受賞歴:
水晶彫刻新作展 17回入賞
日本伝統工芸士会作品展 4回入賞
全国伝統的工芸品公募展 4回入選
瑞宝単光章(伝統工芸士)
山梨県知事卓越した技能者(山梨の名工)
経済産業省関東経済産業局長(伝統的工芸品産業功労)
日本伝統工芸士会会長(役員運営功労)
山梨県職業能力開発協会会長(功労者)
経済産業大臣(伝統的工芸品産業功労)

ひとこと:
父の後を継ぎ、この世界に入り58年間、自分なりに努力と工夫を重ねて参りましたが、これからも自分の生きた証として楽しみながら納得のいく作品を作り続けて行きたいと思います。
常に努力を怠らず新しい物への挑戦。


 甲州水晶貴石細工について




※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。