検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


宮島細工   広川 和男  《 雅号: 一仙 》


認定部門: 総合部門

従事年: 昭和48年より現在の仕事に従事

認定年度: 平成6年度

得意な技法: 厳島神社風景図・宮島に自生する草木を器物文様とする物
塗りにたよらず茶拭き処理で器物価値を高めるもの。

主な製品: 飾り丸盆・額物・衝立  …(浮彫)
丸盆・菓子器・箱(実用)…(沈彫)
安価なみやげ物    ……(線彫)

受賞歴:
1973年 宮島特産品振興大会(第1回)金賞より出品の度入賞
2001年 理事長就任以後審査側におり出品せず

ひとこと:
宮島彫の現状はきびしく今の所では私の代で先人達の残した仕事が出来る者がとだえてしまいます。残りの人生でなんとか1人でも私の後継が出来る者をつくりたいと思っている。


 宮島細工について



※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。