検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


輪島塗   立野 敏昭  《 雅号: 彩海 》


認定部門: 加飾部門

従事年: 昭和53年より現在の仕事に従事

認定年度: 平成14年度

Eメールアドレス:
tateno@wbsb.jp

得意な技法: 研ぎ出し、友治上げ、青貝、玉虫技法

主な製品: 棗、香炉から座卓、飾棚、家具類まで
代表作として法隆寺玉虫厨子の復元を1台と現代の創意工夫で作った1台の合計2台を納品、2008年3月〜6月30日に法隆寺で特別展示。11月洞爺湖サミットに於いて、世界8ヶ国+EU代表のゲストルームに展示される。

受賞歴:
輪島市美術展入選
第49回、50回 輪島塗見本展にて 優秀賞受賞

ひとこと:
日々、美術(物づくり)に携わる事ができ毎日仕事の中で楽しみを見つけて過ごしているので毎日が充実しています。


 輪島塗について




※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。