検索TOPへ
ひとつ前へ戻る


輪島塗   睫據_躔  《 雅号: 雅啓 》


認定部門: 加飾部門

従事年: 昭和53年より現在の仕事に従事

認定年度: 平成29年度

得意な技法: 師匠田崎昭一郎のもとで平蒔絵・研ぎ出し蒔絵・高蒔絵・らでん・卵かく技法を広く修業しました。

主な製品: 椀・重・とそ器・テーブル・衝立・茶道具 等々
漆器全般の蒔絵付を経験して来ました。

受賞歴:
・輪島塗新作見本展 輪島市長賞・優秀賞 等々
・第三文明展(東京) 第一美術展(東京)
・角偉三郎先生と二人展(広島)
・第1回 第2回うるしの道展(広島そごう美術画廊)

ひとこと:
18才で広島より輪島へ蒔絵の道に入って43年になります。1日1日・日々研鑽です。


 輪島塗について



※伝統マークは経済産業大臣指定伝統的工芸品のシンボルマークです。伝統マークをデザインした「伝統証紙」が貼付された製品は、所定の検査に合格した「伝統的工芸品」です。
本ホームページに掲載されている図版やデータ等の無断複製・使用を禁じます。